TOP >低カロリーおやつの通販【デリカジャパン】のコラム >おいしいおやつはコミュニケーションのきっかけになる

おいしいおやつはコミュニケーションのきっかけになる

自宅やオフィスでの息抜きにおやつを食べることも多いですが、人によっては「ダイエットで低カロリーを意識している」「カロリーコントロールが難しい」という悩みを抱え、控えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、スナック・クッキー・おせんべいなど、おやつの摂取には様々なメリットがあります。

「おやつタイム」のメリット

「おやつタイム」のメリット

家事や育児メインで自宅にいる時間が長い方、仕事でオフィスにいることが多い方と、人によって日常の過ごし方は様々です。作業に取り組んでいると、「一息つきたいとき」「小腹が空いたとき」にスナックなどのおやつに手を伸ばしたくなるものでしょう。

適度におやつタイムを取り入れることで、疲労の溜まった心身を癒したり、少しずつ口に含むことで太りにくい体づくりにつなげたりと、健康のサポートに役立ちます。

疲労の溜まった心身のリフレッシュに

集中時間が長くなると、脳は疲労して作業効率が低下します。このようなときにおやつタイムを取ると、甘いものをおいしいと感じやすくなり、自然と疲れ&ストレスの解消につながります。気持ちのリフレッシュにもなるため、プチ休憩後は仕事が捗るでしょう。

ちょこちょこ食べで太りにくい体づくりに

空腹が長時間続くと血糖値が下がります。例えば、昼食後〜夕食までの間に何か食べるのを我慢すると夜は腹ペコの状態になるため、夕食時には血糖値が急上昇しやすいです。空腹感を満たそうと食べ過ぎてしまい、結果的に太りやすくなるのです。しかし、ちょこちょこ食べでおやつをつまんでいれば、夕食時も摂取カロリーを調整することができます。

「おやつタイム」を職場で導入するメリット

「おやつタイム」を職場で導入するメリット

おやつは自分の好きなタイミングで食べることができますが、「おやつタイム」を制度として導入する会社も増えています。おやつで適度な休憩と栄養補給ができることで集中力を維持しやすくなったり、皆でおやつを食べることで普段話さない人と会話が生まれたりと、想像以上のメリットがあります。

また、社員同士のコミュニケーションを通じて、行き詰まっている作業の突破口が見つかる、あるいは新しい視点からアイディアが生まれるなど、得られるメリットは多いです。仕事と休憩時間のメリハリを上手くつけることで、休憩後の仕事もスッキリした気持ちでスタートできるでしょう。

仕事の合間にはどのようなおやつが向いている?

仕事の合間におやつを食べる場合、お菓子選びは悩みどころです。人によって好みは異なりますが、食べるときのガサガサという音やニオイが気になる…ということもあります。周囲の目が気になる場合は、一口サイズのお菓子が良いでしょう。

一口サイズは個包装や袋の口を閉じられるタイプが多く、音もそんなに大きく響きません。また、一口サイズなのでパッと口に含んでサッと片付けやすいのも魅力です。万が一電話が鳴った場合も、一口サイズならすぐに食べて対応できます。

自宅やオフィスで、スナック・クッキー・おせんべいなどのおやつタイムを楽しむのは良いですが、毎日脂肪分の高いお菓子を食べていると、満足感は得られても体にはあまり良くありません。摂取カロリーを意識するなら、低カロリーで腹持ちの良い商品を選ぶことが大切です。デリカジャパンでは、こんにゃくや寒天を使ったサクサクとした食感のおつまみ系おやつを販売しています。食物繊維もたっぷり含んでいるため、低カロリーを意識する方にもおすすめです。

低カロリーのスナックをお求めならデリカジャパンへ

会社名 株式会社デリカジャパン
住所 〒606-0942 京都府京都市左京区松ケ崎樋ノ上町15−1
TEL 0120-022-160(フリーダイヤル)
075-722-7776
MAIL info@konnyaku-delica.com
URL http://www.konnyaku-delica.com
Top