TOP >低カロリーおやつの通販【デリカジャパン】のコラム >食物繊維は腸内でどのように働く?

食物繊維は腸内でどのように働く?

5大栄養素に続く「第6の栄養素」とも言われる食物繊維。私達の健康を維持するための様々な働きがあり、玄米や大豆製品、野菜といった食品はもちろん、食物繊維たっぷりおやつなどを通販で取り寄せて意識的に摂取されている方も多いでしょう。食物繊維は、腸内の健康維持にも大きな役割があります。食物繊維を摂取し、健康で充実した毎日を送りましょう!

水溶性食物繊維について

水溶性食物繊維について

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、水に溶けやすいかそうでないかで分けられています。水溶性食物繊維は、こんにゃくの原料であるグルコマンナン、コンブや海藻などのアルギン酸、グアー豆のグアーガムなどがあります。

水溶性食物繊維を多く含む食品としては、バナナやりんごといった果物、寒天やこんぶ、わかめといった海藻類、しいたけやえのきといったきのこ類があります。

水溶性食物繊維は、小腸での食物中のコレステロールやブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあると言われています。腸の水分を吸収して便を柔らかくする他、食物繊維が腸内細菌のエサとなり善玉菌が増えやすい環境が整うため、腸内の健康管理に役立つのです。

不溶性食物繊維について

不溶性食物繊維について

水に溶けにくい不溶性食物繊維には、野菜や多くの植物に含まれるセルロース、植物の木質部に含まれるリグニン、貝類や甲殻類に含まれるキチンやキトサンなどがあります。

不溶性食物繊維を多く含む食品としては、大豆やえんどう豆といった豆類、ライ麦や小麦といった穀類、ごぼうやブロッコリー、切り干し大根といった野菜、さといもやさつまいもといったいも類があります。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らみ、腸壁を刺激し便の排出をサポートすることが知られています。水に溶けない性質上、摂り過ぎると便が固くなってしまうことがあるため、その点は注意が必要です。

食物繊維の働き

食物繊維を摂ると、食べたものが消化酵素に触れにくくなりますので、胃腸の消化吸収が穏やかになると言われています。大腸では、食物繊維は腸内細菌のエサとなり、乳酸や酢酸などで腸内が酸性に傾きます。体に良い乳酸菌やビフィズス菌は酸性の環境で増えるため、腸内を健康に保つ重要な役割を担います。

食物繊維が健康に良いとは言っても、水溶性・不溶性それぞれバランス良く摂取することが大切です。割合としては、水溶性1に対して不溶性2の割合が理想的です。普段の生活の中で手軽に食物繊維を摂取するには、デリカジャパンの通販で提供している食物繊維たっぷりおやつをお試しください。

こんにゃくや寒天、ごぼうといった素材を活用し、ヘルシーなおやつに仕上げました。食物繊維たっぷりおやつで食物繊維を上手に取り入れながら、毎日の生活を健やかに過ごしませんか?通販で手軽にお取り寄せいただけます。多くの方のご利用をお待ちしています。

食物繊維たっぷりおやつの通販ならデリカジャパンへ

会社名 株式会社デリカジャパン
住所 〒606-0942 京都府京都市左京区松ケ崎樋ノ上町15−1
TEL 0120-022-160(フリーダイヤル)
075-722-7776
MAIL info@konnyaku-delica.com
URL http://www.konnyaku-delica.com
Top